お薦め情報










その他・お薦め情報

生活について

メニエール病は眩暈や難聴を引き起こす病気です。激しい眩暈や難聴は普段の生活はもちろん、仕事や学業などにも妨げになります。しかし、疾患が起きても早期の発見、治療によってメニエール病を発症していても生活することが出来ます。

この病気は生死にかかわる病気ではありません。薬の投与や服用により進行を遅らせたり、治癒することが出来る病気です。メニエール病になってしまったからといってすぐに諦める事はありません。考え込んでストレスを溜めてしまう事はメニエール病にとって良くない事です。

メニエール病はストレスや寝不足、疲労などが原因としてあげられています。メニエール病だと診断されたら休養を取り精神の安定や体の疲労の回復に努めましょう。この病気は見た目には他の人に分からない病気です。

ですから診断を受けたらそのことを会社の人や学校の先生などに知らせておきましょう。メニエール病は厚生労働省が難病だと認めている病気ですから周囲の理解を得る事が出来るでしょう。メニエール病は症状が強く発症している時期と、軽い時期、まったく症状が無い時期がある患者もいます。

症状が軽い場合や普段と変わりない体調の場合と強い症状が出る時期が繰り返されることもこの病気の特徴と言えるでしょう。眩暈の発症は突然起こるのでそれが外出先や仕事先などで起きないとも限りません。急にめまいが起きた場合は体を安静にして休むようにしましょう。

会社で症状が起きた場合は周囲にその事を伝え休ませてもらいましょう。自分の病気を周囲に話す事は勇気のいる事かも知れません。しかし今後もメニエール病と付き合っていかなければいけないので勇気を持ち周囲に認知してもらうようにしましょう。

発症はストレスや疲労、睡眠不足などが原因で引き起こされるのでくれぐれも無理をして周りに気づかれないようにしたり診察を受けなかったりする事は止めましょう。自分自身の体をいたわって周囲の認知を受けられればそれまでと変わらない生活が送れるでしょう。