メニエール病を完治する会 » 自然治癒について

自然治癒について

椎間板ヘルニアは自然治癒で治る、このことは他の腰の病気よりも可能性が高いと言えるでしょう。

保存療法、鍼灸、整体などをしてもなお、椎間板ヘルニアの痛みがある時には安静にし、リハビリや仕事をする際には決して腰に負荷をかけないようにする。このような条件が揃った場合、という条件付きですが、決して難しいことではないと多くの方は言われます。

自然治癒をする上で、もっとも大きな障壁は、精神的なストレスではないでしょうか。椎間板ヘルニアになると、ほとんどの方はかなりの激痛を経験します。

このことから、これほどの痛みがあるのであれば最後には手術をするしかないのではないだろうか? という精神的なダメージをすぐに植えつけてしまいがちでしょう。ではどうすればストレスから逃れることができるのでしょう? その答えはやはり難しいものです。

一ヶ月の間保存療法に専念してみる、そして結果を見てわずかでも椎間板ヘルニアが改善していたらどうでしょう、その後手術をしようと思うでしょうか、やはりこのような積み重ねを試みて見ることが大切なのではないでしょうか。

自然治癒力をかなり期待できる保存療法として、ブロック注射があります。ブロック注射はヘルニアの部位の神経に直接局所麻酔薬を注射し、筋肉の緊張をほぐし、血行を改善する効果があります。

つまり痛みの感覚を数時間でも持続させることにより、その間に優れた効果があった場合、椎間板ヘルニアの痛みが再発することもなく改善に向かうという場合もあるのです。このようなことを期待しながら一ヶ月ほど我慢するためには、ある程度の保存療法についての知識も必要になってくるでしょう。

保存療法の種類やその効果、そして椎間板ヘルニアを手術することなく完治させた方の方法などをいくつかチェックすれば、何も知らないよりもかなり安心感を持てるようになると思います。

手術をする場合でも、手術をすれば椎間板ヘルニアが治る、ということだけを願うよりも、色々な知識を身につけておくほうがいいです。治療にも役に立ってくるでしょう。