メニエール病を完治する会 » 接骨院と整体院の違い

接骨院と整体院の違い

「接骨院」、「整体院」、似たような言葉を並べましたが、これらの違いはなんでしょうか。まず、「接骨院」について説明します。接骨院には、同じような意味を持つ名称に整骨院というものもありますが、ここでは接骨院で統一して説明します。

まず、「接骨院」で施術を行なっているのは、「柔道整復師」です。名乗るには資格が必要であり、それを取得した人が柔道整復術を行う施術所を「接骨院」と呼んでいるのです。

ただし、多く用いられている接骨院という名称は、いずれも俗称で、法律に基づいた正式名称は「柔道整復師施術所」です。

これは柔術における活法技術を応用しているもので、骨・関節・筋・腱・靭帯などが原因となって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などといった損傷に対して、「非観血的療法」という独特の手技を用いることで、人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる、日本独自の治療技術です。

対して、「整体院」で行われるのは、人間の身体の「脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)といった身体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正および、骨格筋の調整などを行うものとなります。

さて、以上2つに分けて説明してきましたが、似た感じがして区別しにくいかと思います。しかし、これらには明確な違いがあります。それは、「資格」の種別です。

「接骨院」で施術するには「柔道整復師」の資格が必要ですが、「整体院」は接骨院と違い、施術には法律的にはなんの制限もありません。つまり、極端な事を言ってしまうとなんの技術もないのに開業することができてしまうのです。

国家資格である柔道整復師でないと経営できない接骨院は一定の信頼性があるのでいいのですが、民間資格に分類されるためその信頼度に千差万別が出来てしまう整体院については、注意が必要となります。