メニエール病を完治する会 » なりやすい職業

なりやすい職業

普段の生活習慣から発症することが最近では多いとされている頚椎ヘルニアですが、頚椎ヘルニアは主にどのような職業の人が引き起こりやすいのかということを知っておき、日々頚椎ヘルニアの予防に力を入れるようにしましょう。

頚椎ヘルニアを最も発症しやすいとされているのは長時間同じ体勢を強いられ、それによって頚椎に負担をかけてしまっているデスクワーク、タクシーや長距離トラックの運転手などが頚椎に負担をかけやすいとされています。

タクシーやトラックの運転手は、毎日長時間同じ姿勢を拘束されることで使用する筋肉が限られ衰えていきます。

人は日頃から体を適度に動かすことによって生活に必要な筋肉を鍛えていますが、それが出来なくなってしまう職業では、体を支えるための筋肉が衰えていき必要な筋力がなくなることで脊椎への負担が大きくなり頚椎ヘルニアを発症しやすいのです。

これらと似たような理由からもう一つ挙げられるのは、1日中ずっとパソコンを使った仕事や庶務が基本となるデスクワーク、つまり事務員です。

事務員も一日の大半を椅子に座りっぱなしの状態を強いられるので、体を支えている脊椎やその周りの筋肉への負担が日々蓄積し頚椎ヘルニアが発症しやすくなっていきます。

蓄積した負担の緩和を忘れると炎症が起きやすくなり、頚椎ヘルニアの発症確率が高くなります。このように座りっぱなしの状態が続く仕事は頚椎ヘルニアの発症が高いとされています。

他にもスポーツ選手やダンサーなど、無意識に頚椎を酷使してしまっていることがある職業の人は知らぬ間に人体や筋肉を痛めると共に、頚椎を損傷している可能性があります。

なので、スポーツ選手やダンサーなどの特殊とされる職業の人たちは無意識の内に頚椎ヘルニアをはっしょうしていることもあります。

これらは普段からの厳しい練習などで日常的に激しく体を酷使していることから、体にかかる負担を蓄積し続け、いつの間にか許容範囲を超えてしまっていたという現象のせいでしょう