メニエール病を完治する会 » せんべい布団の有効性

せんべい布団の有効性

腰痛持ちにはせんべい布団が一番だ、このように言う方が多いですが、せんべいのように薄い布団、あるは固さがしっかりある布団は本当に腰痛に効くのでしょうか?

一般的にはやわらかいものはよくないだろう、という意見が多いようですが、布団は何を使っているかといえば、ベッド、つまりマットレスを使っている人が多いようです。

マットレスですからスプリングが入っていて柔らかくもありません。しかし布団とは違います。まずマットレスはバネがついていて、せんべい布団を使っている人にはかなり寝にくいと思いますが、慣れてしまえば適度な固さになる可能性もあります。

ではマットレスでも同じなのかというと、マットレスは逆に固すぎる場合もありますので、その上に布団を敷くとどうなるか、柔らかすぎたり、または寝ずらい、と感じてしまうかもしれません。

マットレスはマットレスで腰にはいいかもしれませんが、より腰に安定感をもたらすのは平敷きだ、という意見も多いようです。

また最近はベッドではなくせんべい布団一枚に変える腰痛持ちの方も多いようですが、布団と言ってもやはり種類が豊富です。

薄すぎると、固さは調子がよくても腰や背中が冷えてしまいますし、水分の吸収性が高いもの、あるいは環境で寝る場合も腰痛には響きます。

またそれは長い間使っている布団のことですよ、と言う意見も多いようです。腰痛によい、と言われる画期的なせものがあったとしても、そんなものは信用できません、というタイプですが、この意見はかなり貴重だと思います。

腰が布団を選ぶのではなく、使っている人の記憶が選ぶ、ということも可能です。色々な議論がされていますが、まだ使ったことが無い、という方がいたら、やはり慎重に選ぶこと、実際に寝てみて判断すること、などが大切かもしれません。

値段はそれほどでありませんので、駄目だったものは片っ端から売り払ってしまう方も少なく無いようです。また、腰痛には血流を良くするサプリメントが良いと言われていますので、布団を変更する前に一度試してみてはいかがでしょうか。