メニエール病を完治する会 » サプリで予防と改善を後押し

サプリで予防と改善を後押し

五十肩は肩関節の炎症による痛みの症状をもたらします。また五十肩の主な治療法としては、病院や鍼灸、カイロプラクテイック、そして自分自身で行うリハビリなどがあります。

その他には五十肩の改善に漢方薬を勧める方は多いようです。漢方薬は副作用の心配がありませんので、特に高齢者の方、つまり50代の方にはお勧めと云えます。

これらの他にもコンドロイチンサプリを勧めるという方が多くいらっしゃいます。サプリとは栄養素を吸収して、体の内面、バランスをよくすることで病気に対抗する手段と云えます。

五十肩に効果のあるサプリとしては、コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、そしてビタミン、カルシウムが考えられます。

コンドロイチンについては、結合組織の機能を維持するために必要なコンドロイチン硫酸です。関節を構成している軟骨の減少を予防する効果もあり、また回復をも助けますので、五十肩にとっても効果がある可能性は高いと言えます。

ヒアルロン酸は美容液などでもよく用いられるもので、保水力を強める効果が期待できますが、関節を潤滑させるための効果もあります。

肌も退化しやすくなる中年期以降では、肌の状態を見分けながらヒアルロン酸を吸収して、美容に役立てますが、1グラムにかなりの量の保水力を持ち、全身の関節の動きを滑らかにする働きをもたらします。

サプリメントは一般に薬局やコンビニなどで求めることができますし、水無しでも飲めるもの、飴のように服用できるもの、または飲料としての商品など、多様に販売されていますので、それぞれ自分にマッチしたものを用いれば、継続させることも難しくはないと思います。

ビタミンやカルシウムなども五十肩には大切です。特に骨が弱っている方にはカルシウムが必要です。牛乳の他にも魚介類や国産の大豆などにも多く含まれてますので、できるのであれば食事として吸収するとよいと思います。

多く摂取してもそれが全て吸収されるというわけではありませんので、ビタミンを豊富に取っておく必要もあります。

肩関節周囲炎を改善したい方はこちら