メニエール病を完治する会 » 予防について

予防について

メニエール病は30代~50代の女性に多く発症する疾患です。その患者数は4万人にのぼると言われています。眩暈や頭痛、吐き気などを伴うつらい症状を引き起こします。防ぐ方法と日常生活の中での注意点をご説明します。

まず原因はストレスです。現代社会においては多かれ少なから人はストレスを抱えています。仕事や人間関係など関わらなければならないのでこれも仕方のないことです。

しかしストレスを感じ考え込みすぎると発症を引き起こしてしまう原因になります。自分の好きなことや趣味を行ったり、十分な休養などをしっかりとるなどしてストレスを溜めないようにしましょう。
音楽鑑賞やスポーツ観戦など細かな作業では趣味がありその趣味を楽しむことはストレスの発散になります。気分転換やストレスの発散を上手に行うのもメニエール病を防ぐのに効果的です。

なりやすい人のタイプとしては真面目で几帳面な性格の人が発症しやすいと言われています。真面目で几帳面な性格の人は周囲からの信頼も厚く大変良い事です。しかし何もかもを完璧にこなそうとして負担になってしまうのは良くありません。

適度に息抜きをして自分で自分を追い込んでしまうという状況にするのは避けましょう。そうすることが発症の予防になります。もしも発症した場合は症状の予防する事も大切です。普段の食生活の中で塩分を取り過ぎている人は注意が必要です。

治療においても塩分の摂取を控えたりする方法が取られています。塩分を控える事はメニエール病を防ぐだけではなく血圧の上昇やむくみなどもを防ぐことにもなります。

バランスのとれた食生活をすることは体の様々な器官に良い影響を与えて健康な体を維持します。喫煙もよくありません。喫煙は血管を収縮させて眩暈を起こす原因になります。喫煙は発がんの可能性や肺や心臓へ悪影響を及ぼします。

喫煙をしている人は禁煙をする、吸う本数をなるべく抑える事もメニエール病の症状を引き起こす予防になります。アルコールも症状が出ている時に摂取するとめまいが酷くなる事があります。

アルコールもたしなむ程度の量で抑える事がメニエール病を防ぐ事に繋がります。