メニエール病を完治する会 » 硬膜外ブロック注射とは

硬膜外ブロック注射とは

椎間板ヘルニアの保存治療を行っていく中で、腰の痛みなどを抑制するためにブロック注射という治療法が良く使用されます。

ブロック注射自体には様々な種類があり、患者の症状により適用するものを選定します。ただ、一般的なものが硬膜外ブロック注射というものです。

硬膜外ブロック注射とは、脊髄の一番外側にあります硬膜と、黄色靭帯と呼ばれる部位の間にあります数ミリの隙間の硬膜外腔に局所麻酔薬を注入することで、神経の痛み伝達をブロックし痛みを消滅させるという治療法になります。

このブロック注射は処置を施す場所により仙骨部ブロック注射と腰部ブロック注射の2種類があります。仙骨部の硬膜外ブロックはうつ伏せに寝ころび、お尻部分に枕のような補助具を置きお尻を突き出した格好になります。

そこでお尻の割れ目の高い部分からブロック針を刺し入れ、お尻の真ん中にあたる仙骨の隙間から局所麻酔薬を注入します。

また、腰部の硬膜外ブロック注射では背中をエビのように丸め背骨と背骨の間にブロック針を刺し入れ、所定の位置へ局所麻酔薬を注入します。どちらの神経ブロック注射も即効性と高い鎮痛効果があります。

さらに痛みを和らげるのみならず同時に神経への血流を改善させることで、弱っている神経へ酸素や栄養分を与え神経の回復を補助する働きがあります。

実は痛みを感じる状態というのは血管が収縮し正常な血流が阻害され身体の循環機能が上手く機能しない状態に陥り、さらにそのせいで神経にダメージが与えられ、痛みが増幅されていくという悪循環が繰り返されています。

ブロック注射は前述のような効果でこの悪循環を改善する作用も期待されるのです。ただし、神経というのはとてもデリケートなため、治療を行うにあたって事前にしっかりとした検査が必要です。