メニエール病を完治する会 » コルセットの活用

コルセットの活用

腰椎すべり症の保存療法としてコルセットを装着することはよくあります。健康な方であれば筋肉が腰を支える役目を果たすにもかかわらず、すべり症は安静にしなければならない病気ですので、筋肉がたるんでくることはよくあります。

すべり症の患部を落ち着かせ、生活をする上でも痛みの出るような動作を避けるように装着するため気にせずに動作することができます。

すべり症の痛みに悩みながらも懸命に仕事や家事をしなければならない方にとってコルセットは比較的気軽に利用できる治療法ではないでしょうか。

ただしこの方法はすべり症の自然治癒を期待できるほどのものではなく、一時的な開放を求める療法に過ぎませんが、コルセットをすることで楽になり、またどのような方法が最もいいのかを患者自身も考えるきっかけになることもあるのではないでしょうか。

すべり症や坐骨神経痛などの腰痛グッズというコーナーを設けているショップも多くありますが、それらを激安で求めることができるような時代です。

すべり症がそれほど悪化していないという状態であればこのようなものでも十分に対策として有効なようです。筋肉にかかる負荷を軽減し、緊張をほぐすことができますので、症状の悪化を防ぐためにも効果があります。

しかしながらできれば整形外科などで勧められている装具を使うほうが何かと便利でしょう。またもしそのような激安の製品が治療として有効でも、あまりつけすぎるのも良くないでしょう。

できれば筋力を実際に鍛える時間を設け、また炊事や仕事に専念しなければならないときにはコルセットを使用するようにすべきでしょう。またできれば早めに医師に診てもらい、解決策を講じるのがいいでしょう。

保存療法は一時的なものが多いですが、ブロック注射などのほうがより高い効果を期待できます。いずれの方法を選択するかはかかる医師とよく相談すべきですが、保存療法でなかなか改善しない場合には、進んで治療方法を考えていくほうが無難でしょう。

腰椎すべり症の正しい治療方法はこちらから