メニエール病を完治する会 » 頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアとは

「頚椎ヘルニア」と聞いても、どんなものなのか具体的に知っている人は少ないと思います。ここでは、頚椎ヘルニアについて簡単ながら説明していきたいと思います。

まず、頚椎ヘルニアについて説明する前に、症状の現れる、「頚椎」および「椎間板」について、お話ししたいと思います。まず頚椎には椎骨と呼ばれる骨が7個存在します。その中でも、第1は環椎、第2は軸椎と呼ばれています。

そして、それらは第3以下とはまったく異なった形状をしています。そして、椎間板は第2の軸椎以下に位置しています。

この椎間板についてですが、椎間板は椎骨と椎骨の間(重なっている骨と骨の境目)にあり、そこに加わる衝撃を吸収するクッションの役割を果たします。

頚椎ヘルニアは、このクッションが破れてしまい、椎間板・線維輪に亀裂が生じることで、髄核が飛び出してしまった状態を言います。

頚椎ヘルニアなどのこういった椎間板の機能異常は、頚部痛などの痛みを引き起こします。また、外部に飛び出た髄核は、頚椎内部の脊髄や神経根というような、人間の生命活動にとって重要となる神経組織を圧迫することになり、手足のしびれや、痛み・運動麻痺といった、様々な神経症状を引き起こします。

頚椎ヘルニアの発症しやすい年齢層は30~50代と考えられています。これは、この年齢層が頚椎への運動負荷が最も多くなるということが根拠になっています。

しかし、それ以外の年齢層が頚椎ヘルニアにならないかというと、そんなことはなく、スポーツによる運動負荷や、遺伝的要因など、先天的な体質が原因となることもあります。あるいは頚椎の外傷から発生する可能性もあります。

一昔前までは、椎間板から露出した髄核は、そのままの状態を維持し続けるものと考えられていましたが、近年の研究によると、髄核が露出した後でも、その後自然吸収・消失の過程をとるケースも認められています。そのため、頚椎ヘルニアの治療法も徐々に変わってきています。