メニエール病を完治する会 » 肩こりを自力で改善する

肩こりを自力で改善する

最近では、仕事の疲れからなどからくる「肩こり」を抱える人が増えてきています。パソコンの普及によって、デスクワークでもディスプレイを長時間見続けることによって肩こりが発生しやすくなっています。また、単純に疲労の蓄積で発生することもあるでしょう。

そこでオススメするのが、ストレッチです。「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、実際、ストレッチをする・しないでは、状況は変わってきます。

もし、肩の痛みなどに悩まされているならば、ストレッチを実践してみたほうがいいかと思います。さて、肩こりについて簡単に説明します。原因としては、先ほど述べたデスクワークによるものが、最近増えてきています。

ずっと同じ姿勢でい続けることによって、筋肉が緊張状態となり、それが血液の循環を悪化させる原因となります。

こういったことによって、肩の周辺の筋肉が疲労しやすくなることで引き起こされます。病気や怪我とは異なりますが、慢性的になれば辛いものがあるでしょう。また、この症状大きく二種類に分けることができます。

一つ目は、「急性」。一時的な筋肉疲労や血行不良などによって引き起こされます。こちらは一過性のものであるため、時間が経てば自然に治るので、それほど心配はありません。

二つ目は「慢性」。疲れた状態が長期間続くことによって引き起こされます。こうなった場合には、一時的な筋肉疲労では収まらなくなってきます。このようにして、肩のこりが発生すると、肩の周辺の筋肉が収縮してしまいます。

そうなると、血行が悪くなり、疲労物質が溜まりやすくなっていきます。それらを防ぐために、方のストレッチ体操は効果を発揮します。もし、最近肩のこりに悩まされている人がいたら、あるいはまわりにそういう人がいたら、ぜひストレッチ体操を試してみてください。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法をご紹介