メニエール病を完治する会 » 介護について

介護について

介護保険が実用化されてからしばらく経ち、多くの介護職に共通の悩みとして浮上したのが、腰痛です。他には膝の痛みなども多いようですが、座り仕事が多い場合はまず腰痛が出ますし、立ち仕事の場合も腰痛はかなりの確率出てしまうようです。

介護といえば一般的には、高齢者の入浴やトイレ、着替え等をメインにした力仕事の場です。

力仕事を経験した異業種の方も介護で仕事をしている方が多いと言われていますが、このような方でも、身動きしない物を扱うのと生きている人を扱う力仕事ではまるで中身が違うものだ、と後悔される方が多いようです。

現状、資格をしっかりと身につけてはいても腰痛が出てしまう方も多く、せっかくはつらつとしてスタートしたのに、腰痛でリタイアする方も多いと聞きます。

このような現状でどうすれば腰痛を予防できるのか、 様々なところで意見が交わされていますが、まずは体力をもっとつけるべき、という現場の職員が多いようです。

腰ですからやはり腹筋や背筋がまず大切な筋肉ですが、特に女性の場合は鍛えていたとはいえ、自立支援を受ける高齢者の中には肥満が強い方もいますし、もともと体格がある方も少なくありません。

また最近は業者ごとにリハビリの方法を再確認する機会を設けたり、体力アップのためのトレーニングセミナーを実施しているようなところも増えているようです。体力アップの他には、介護のコツも大切です。

ベッドサイドで色々なケアをする際に邪魔なものをきちんと片付けたり、また若い方はとくに、コミュニケーションがはかどらないことも大きく影響しているようですので、高齢者との会話のチャンスをもっと増やして希望を多く取り入れたり、必要な場合は頼んでも成功させる、ようなことも大切です。

これからますます高齢化が進む中で、このようなケアの問題は、全ての方が考えなければならないように思います。