メニエール病を完治する会 » ブロック注射で改善させる

ブロック注射で改善させる

首において発生する頚椎ヘルニアや腰において発生する腰椎ヘルニアなど、椎間板においてヘルニアを生じる疾患を椎間板ヘルニアと総称します。

椎間板ヘルニアの治療時には、一般的に保存療法と呼ばれる手術などを用いずに運動療法や物理療法といった保存的治療法が取られています。その中で、どうしても痛みが和らがずにつらい症状となってしまっている場合には、神経ブロック注射が用いられることがあります。

この方法には高い鎮痛効果と、さらに即効性があるために非常に痛みに対しては効果的です。いくつかの種類がありますので、患部の場所や症状の程度などを考慮して最適なものが選択されます。

例えば、腰椎での椎間板ヘルニアを生じている場合には硬膜外ブロック注射という手法が用いられることがあります。他にも種類として神経根ブロック注射や椎間板内ステロイド注射があります。

では、そもそもこれはどのようなものかと言いますと、ブロック針を用いて局所麻酔薬を痛みの伝達を行っている神経に直接作用させます。

つまりは神経を麻痺させて痛みの信号が脳へと伝わるのをブロックします。そうすることで痛み自体は患部で生じていてもその信号を脳が受け取ることが出来なければ私たち人間は痛みを感じることは無いのです。

また、患部周辺までブロック針を用いて局所麻酔薬を注入するために一般的な血管注射の痛み止めと比べて、副作用を生じる可能性が圧倒的に低く、ほぼ副作用は無いといってもいいでしょう。

痛みを抑制する時間には限りがありますが、つらい痛みを解消出来るということやそれ以上の意義があります。

神経をブロックすることで運動神経に関しては痛みを感じて緊張状態にある筋肉をほぐす効果が期待でき、交感神経についてはこちらもまた痛みにより滞ってしまいがちな血液の流れを改善します。このような効果を期待して行うのです。