メニエール病を完治する会 » 脊柱管狭窄症の費用と保険

脊柱管狭窄症の費用と保険

普段何気なく、お年寄り等が前かがみになって歩く姿を見かけることがあります。この状態は自然にこの状態になってきたという場合もありますが、腰部脊柱管狭窄症という病気によって習慣がついたという例も少なくありません。

腰部脊柱管狭窄症は主に加齢などが原因ですが、骨や間接の変形などによって神経が通る管が細くなってしまって出てくる病気です。

またひとくちに脊柱管狭窄症と言っても、圧迫される場所によって脊柱管狭窄症の症状は違います。坐骨神経の場合には、臀部から太もも、ふくらはぎまでが痛んだりしびれたりします。また、足の先や足裏にも症状が及ぶ場合もあるように、圧迫される神経によって脊柱管狭窄症の出る場所が変わってきます。

また馬尾神経が圧迫された場合には、臀部や片下肢や両下肢などのしびれ、冷感、絞扼感、足底の違和感などの症状が多いようです。

このような脊柱管狭窄症と呼ばれる病気は、誰でもかかる可能性のあるものです。自分は大丈夫などとは思わずに、症状が無い方でも若いうちから保険に加入しいざというときの費用を捻出できるようにしておくことが理想です。

手術をして、経過が安静であれば、脊柱管狭窄症を再発する可能性もほぼ無いでしょう。名医と評判の高い医師や、熟練の脊椎専門医にかかれば、かなり安心して生活できるようになるでしょう。しかし無理はやはり禁物です、肉体的に腰に負担のかかることなどは絶対にしてはいけません。

腰痛は生活にも仕事にも影響が大きいものですので、できれば手術を早めにしたい方も多いようですが、費用はばかになりません。そのような費用を賄うためにも、保険はとても重要なのです。

また、保存療法でも費用はかかりますし、鍼灸やカイロプラクテイックでも同様です。できれば借金をしてでも早めに手術することを選択するのも意義があります。リハビリにも多少の支出と余裕を持たせることが理想です。