メニエール病を完治する会 » ストレッチに期待できる効果

ストレッチに期待できる効果

腰椎椎間板ヘルニアは、姿勢の悪さや筋肉の衰えが主な原因と考えられます。姿勢の悪さは努力すれば短期間で矯正することができますが、筋肉の衰え、固さについては衰えれば衰えるほど定位してきます。

また、腰椎椎間板ヘルニアの治療において、リハビリとしてトレーニングするという場合、毎日少しずつすることが前提となりますので、決して短期間で元に戻すことはできません。それだけに予防策として講じておくことはとても大切です。

腰椎椎間板ヘルニアの予防策としてとても効果があるのが、腰痛ストレッチです。これは腰椎椎間板ヘルニアに対して、ウォーキングを行ったのと同じような効果が得られ、また同じようにシンプルに実践することができます。

椅子に座ったままの姿勢で、長時間仕事をしていると、腰の筋肉が固くなってしまい、また筋力も衰え、血行が悪化します。

仕事の合間に軽いストレッチ運動をすることで、腰痛の改善に高い効果をもたらします。また、このような方法はデスクワークの合間ばかりでなく、夜寝る前など、いつ行っても腰椎椎間板ヘルニアの改善に効果を得られるというメリットがあります。

立位を基本とした方法として、足から首までの体の前、あるいは後ろ側を伸ばす体操があります。両足を軽く開いて、両手を床につけるような感じで上半身を前に曲げ、特に膝の裏側が伸びることを意識します。

また逆に腰に両手をあててから、上半身をゆっくりと反らせていきます。これだけで十分です。反動などをつけないでできるだけゆっくりと行うのが、腰椎椎間板ヘルニアで行う場合のコツです。

息を止めずにゆっくりと息をはきながら行い、姿勢を立位に戻す際には逆に吸うようにします。また、少し疲れたぐらい、というところで停止させるとより効果が高くなります。

腰痛ストレッチの際に気を付けるべきことは、無理をしないこと、また、腰椎椎間板ヘルニアの痛みがある場合には実施を避けることです。反動をつけることもしてはなりません。ストレッチによって痛みがひどくなったら中止し、医師に相談して支持を仰ぐことが大切です。