メニエール病を完治する会 » 床暖房リフォーム

床暖房リフォーム

床暖房リフォームの方式は色々あります。床暖房は、多く分けて温水式と電気式と2種類です。温水式はボイラー(石油式、ガス式のものが一般的)などの熱源によって水を温めて温水を作ります。

その温水を床下に設置したパイプに流して循環させる方式。電気式は蓄熱式と非蓄熱式があります。蓄熱式は、潜熱蓄熱材や床のコンクリートに直接熱を蓄えていく方式。夜間に電気を使って熱を蓄えて、その熱で昼間暖めてくれます。

非蓄熱式は、使うときに通電するシステムで、電熱線などのヒーターを用いた電熱線式と、カーボン素子を使った面状発熱体式があります。面状発熱体式は更にPTC(自己温熱制御)とCATに分けられています。

カーボンの特性によって違ってきますが、一定の熱が加わることによって電気を遮断し、温度を調節する機能があります。これをPTCといいます。また電気的にコントロールすることで、電気の制御をPTCに頼らず制御する方法をCATといいます。

CATはPTCに頼らないので、長期間安定した発熱量を得ることができます。このように床暖房リフォームにはたくさんの種類があります。先程書いたチェックポイントを基に、リフォーム業者さんとよく話し合って、決めていく必要があります。

後になってもめないためにも「リノベーション費用を無料で比較検討できる~見積比較ナビ~全国対応~」などの情報サイトで、しっかりと信頼できるリフォーム業者を探しましょう。

床暖房のリフォームは大掛かりで、コストもかかりますから、新築時以上に気をつかわないといけないかもしれないですね。