メニエール病を完治する会 » ダイニングをどうするか

ダイニングをどうするか

ダイニングは食事をする場所としてとても大切ですから、当然これもリノベーションの優先順位は高いものとも思われます。また、ダイニングはキッチンと繋がっていることも多く、まとめてリノベーションをするということも考えられます。

過去にはキッチンは独立した一つの部屋でした。それは主婦の白とも言われるような場所でしたが、現在はこのような形式というのは逆に少ないのではないでしょうか。

こういったもの、つまりキッチンだけが別にあるようなところを想像できないという方もいるでしょうが、昔はこれが一般的な過程となっていたことは間違いありません。

もしもまったく想像できないと言うならばサザエさんやちびまる子ちゃんなどのアニメの家の間取りを想像していただければ名得できるのではないでしょうか。料理をするスペースには一切料理を食べる場所というものがありません。

これが従来型のキッチンとダイニングのあり方ですから、もしもあなたの家がこういった形ならば、もう率的にするためにもこららのリノベーションの際には、一つに統合するということを考えてはいかがでしょう。

また、統合されたダイニングスペースにリノベーションするのならば、この二か所のリノベーションは同時にリノベーションをしていくことになるというのが一般的な形になるでしょう。

アイランド型や、ペニンシュラ型があります。ですから、形式がある程度ありますから、この辺りはリノベーションのときに希望を考えておいた方がいいでしょう。アイランド型は浮き島のようなキッチンで、そこから全体を見渡すことができます。

たいしてペニンシュラ型というのは、半島型という意味ですが文字通り、壁にどこかが接しているということになります。

アイランド型にはリノベーションの際にかなり配管を都合しなければなりません。そのときはペニンシュラ型もありますから、こちらを検討してみてはどうでしょう。どちらもダイニングスペースにあわせて、リノベーションしていくことが大切です。