メニエール病を完治する会 » 法制化への取り組み

法制化への取り組み

「カイロプラクティック」。最近注目されてきているワードなのですが、みなさんご存知でしょうか。これは、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立された、「代替医療」ののことを指します。

しかしこの「カイロプラクティック」。残念ながら、日本では法制化が進んでいません。しかしながら、その資格化を望む声は高まっています。

「カイロプラクティック」は、WHO(世界保健機関)にも認可されている代替医療であり、教育方針のガイドラインも出されているほどに広まっています。

WHOでは、「カイロプラクティック」を「筋骨格系における障害、およびそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職」であると定義しています。世界的に広まっている手法なのですから、「日本でもきちんとした体制を」という声が出てくるのも当然と言えます。

しかし、それ以上に法制化が望まれる要因があります。日本国内では、カイロプラクティックについての法制化が進んでいません。この状態は大変危険です。

というのも、この技術を扱うための「カイロプラクター」という国家資格が存在しないため、現時点では誰もが「カイロプラクター」を自称することができてしまいます。

海外で資格を取得した者や、日本国内でも「カイロプラクティック」の専門学校で本格的に学んだ者であれば、特に問題無いでしょうが、もし半端に覚えた「素人」がカイロプラクターを名乗り、施術したとしましょう。

マッサージ程度であればいいでしょうが、もし腰椎分離症など、神経に関する施術を行った場合、最悪症状を悪化させてしまう可能性もあります。

このように、現時点では「カイロプラクティック」に関する法律でカイロプラクターの技術レベルを一定に保てません。そのため、不幸なケースを防ぐためにも、そして日本国内で「正しい」カイロプラクティックを広めていくためにも、法制化を望む声が増えているのです。