メニエール病を完治する会 » バリアフリーにする場合の補助

バリアフリーにする場合の補助

バリアフリーにするための工事は、費用に関する補助があります。正し、これには適用条件があり、その最たるものとして、50歳以上の者となっています。

また、介護保険法に規定する要介護又は要支援の認定を受けている者、所得税法上の障害者である者、65歳以上の親族又は上記ロ若しくはハに該当する親族のいずれかと同居している者などがあります。

その他適用要件は細かく定められていますから、これを満たさなければなりません。しかし、面倒ですがこういった税制の優遇というのは嬉しいものです。

業者の方で面倒を見てくれて手続きなどをしていただけるのであればいいのですが、こういったことに関してはノータッチのところがあるのならば自分でしなければなりません。

バリアフリーへの改築はちょっとした金額から大規模な工事が必要なものまで多々ありますから、金額が大きければぜひこういった優遇制度を確認してください。

その他自治体から補助金が出ていることもありますから、それも調べておくにこしたことはありません。