メニエール病を完治する会 » 有酸素運動について

有酸素運動について

トレーニングなどについての話になると必ずといっていいほど登場するのが有酸素運動です。ダイエットにも、スポーツトレーニングにも、シンプルに健康維持にも、様々なカテゴリーで利用されています。

有酸素運動があるのであればその逆もあるだろう、、正解です。こちらは酸素をあまり必要としない種目である、と簡単には言うことが可能です。

短距離走、重量挙げ、など、ハードな競技の主役のスポーツがこの運動に入ります。有酸素のほうは、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳など、また腹式呼吸もそうですし、スクワットなどもあります。

イメージしてみると、長い時間行うものであり、また時間をかけてしっかりを行うほど健康効果がアップするタイプです。ただ、有酸素運動を行う場合、血圧の高い方は必ず血圧計で血圧を計測してから始めてください。

そうしないと、運動中に突然血圧が異常値になりこともあり、健康に良いとやっていることが、血圧の高い方には逆効果になってしまうこともありますので、注意が必要です。

では、実際に有酸素運動をするにはどのような場面が想定されるのでしょうか。 これはかなり多様です。仕事の行き帰りに徒歩の時間を増やす、電車を自転車に変える、など、また腹式呼吸であればありとあらゆる場面を想定することが可能です。

またこれらはかなり少ない時間ではないの? という意見も多いようですが、細切れに行っても健康に有効なのもこの方法のメリットです。

例えば誰もが用いやすいウォーキングを考えてみると、ビジネスバッグが気になります。左右のどちらかに持っている状態は、腰や膝にも負担がかかりやすく、その時間を長くするのはやはりお勧めできません。

左右のバランスが悪いと、骨がゆがんで全身のバランスが崩れてしまいますので、バックパックなどの背中に背負うもの、これならば健康にも問題なくかなり快適です。

バランスが中央に来ますので、腰にも膝にも、また足裏の正常なアーチの維持など様々な部分の健康に役立ちます。そして靴、靴も軽い靴が最適です。

ビジネスシューズも最近は柔らかくてソールも適度にクッションがついたものが流行しています。適当な道具でいいだろう、と考えるのは危険です。気持ちよく歩くために、と考えてもいいと思います。