[PR]

フリースペース

メニエール病の完治

メニエール病は30代~50代の発症が多く、厚生労働省から難病指定されている病気です。眩暈や耳鳴り、難聴や嘔吐などを引き起こすメニエール病ですが現段階の医学での完治は難しいと言われています。

完治が難しいというのはメニエール病が慢性化してしまった場合です。早期に発見が出来適切な治療をうけた方で慢性化しなかった方も大勢いらっしゃいます。メニエール病を完治する会ではそんなメニエール病の症状や治療法、注意点などをご紹介しています。

メニエール病で悩んでいる方や、メニエール病とはどのような病気なのかを知りたい方は当サイトをご活用下さい。他にも美容や健康の知っておくと役に立つ情報をご紹介しています。是非、ご活用下さい。

メニエール病は完治しにくいと言われていますが、慢性化しない限りは常に症状が出ているという訳ではありません。また軽度のケースや重度のケースによってもメニエール病の症状の現れ方は違いますし、人によって発症する期間なども違います。

一概にメニエール病といっても同じことが体に起こるわけでは無いのです。完治が難しいと言われている大きな理由は発症してから治療までの間の時間によります。眩暈や難聴の為に早期に診断を受け治療に入った場合は軽い症状ですむこともあります。

しかし、耳鳴りやめまいが出てから1週間以上経過してから治療した場合は完治する確率が大きく下がります。メニエール病の完治にはスピードがとても重要です。仕事や育児が忙しかったりすると病院に行くのは後回しになってしまいどんどん時間が経過してしまいます。

一週間などアッと言う間に過ぎてしまいます。軽度の病状で済んだりメニエール病と診断されても病状を繰り返していない患者の多くは早期の診断、治療を受けた患者です。

治すのに着手するまでの時間が掛かれば掛かるほどメニエール病は完治しづらくなってしまうのです。眩暈や頭痛や耳鳴りなどが一日続く場合など普段とは違うと感じたらすぐに耳鼻咽頭科を受診するようにする事がメニエール病の完治には効果的です。

メニエール病の原因はいまだ解明されていません。そのことも完治が難しいとされる要因です。しかし研究によりいくつかの要因は分かってきました。耳の内耳にリンパ液の溜まったもの、水膨れが出来る事により耳の中にある感覚を司る細胞を妨げてしまう為に起こります。

内耳には音を聞く蝸牛という部分と平衡感覚を司っている三半規管と耳石器という部分があります。水腫が出来てしまった箇所によってその症状には違いが現れます。

蝸牛の部分に水腫が出来ると音が聞きにくくなる、難聴の症状が現れます。耳石器にや三半規管に水腫が出来た場合は平衡感覚が乱れ眩暈を引き起こします。眩暈が起きる場合は10分から数時間といった長い時間の眩暈が起きます。

急に立ち上がった時に起きる立ち眩みなどとは違う眩暈です。軽いふわふわとしたものからぐるぐると目が回り天井や景色などが回ってしい、立っていられないほどの激しい眩暈を引き起こす場合もあります。

メニエール病が起こる原因として内耳の水腫(水膨れ)は気圧の変化という自然現象もありますが睡眠不足やストレスが疲労など現代人なら多くの人が思い当たることが引き金となっています。

また性格的には几帳面で真面目な人が多くメニエール病を発症しています。メニエール病は何度も繰り返し症状が起きる事が前提です。完治に近づくには精神的な安定も必要になってきます。

最初の診断では突発性難聴と区別がつかない事が多いですが完治には早期治療が必要です。治療方法は突発性難聴とあまり変わらないので医師の指示に従って下さい。

診察は内耳の様子を見たり聴力検査を行います。また頭痛や吐き気、めまいなどの発症は脳神経の疾患も考えられるので脳の検査をします。めまいや吐き気を抑える薬、血行を改善する薬、ビタミン剤や利尿剤が処方される場合や一週間程度の入院をして集中して治療を行う場合があります。

頭痛やめまいがしなくなったり数年に一度の発症はほぼ完治したと考えていいでしょう。一番メニエール病に悪い事は症状が出ても放置しておくことです。気になる症状が現れたら早期に診察を受けるようにしましょう。

生活の改善や東洋医学なども取り入れることで完治する可能性は高まります。完治までいかなくても頻繁に発症しなくなるだけでもずいぶんと身体は楽になります。

努力や診療が報われて完治する日が早く来る事を考えながら頑張りましょう。

お薦め情報

リノベーション費用の見積もり欲しい方はこちらへ。

犬のしつけを学びたい方は必見です!

高血圧の治療は薬を飲まなくても下げることができます。

多汗症を本気で治したい方はこちらのサイトがお勧めです。

側弯症を本気で治したい方はこちらのサイトがお勧めです。

新着情報

 2016年07月13日:健康食品の効果
 2016年06月20日:リハビリについて
 2016年06月20日:O脚に潜む危険性